読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

Unityの公式マニュアルを読んでいく - その9

この記事ではUnityのマニュアルを1から読んだ感想とか発見を書いてみようと思います。

docs.unity3d.com

読んだ所

今回は以下のページを読みました。

Unity - マニュアル: ライトプローブ
Unity - マニュアル: ライトマップパラメータ
Unity - マニュアル: Directional ライトマッピング
Unity - マニュアル: LightmapSnapshot
Unity - マニュアル: GICache
Unity - マニュアル: リニアレンダリング

学んだこと

画面のキャッシュに関する設定

Unity → Preferences → GI Cache で画面キャッシュの設定ができます。
キャッシュのサイズや場所を変更する事ができます。

f:id:llcc:20160127235244p:plain

リニアレンダリングとは

リニアレンダリングは、全ての入力をリニアスペースにしてシーンをレンダリングするプロセスのことを指します。

Unityのドキュメントの説明は上の通りです。
この説明では分からないのでもう少し調べてみました。

リニアスペースについては下記事を参考にしました。

第1回:リニアワークフローについて | fieldjamのDesignVizエッセンス | AREA JAPAN

リニアスペースとはガンマ値が1.0の事を指すようです。
ガンマ値とはディスプレイの補正の事で、普通のディスプレイは2くらいになっているようです。

要するにリニアレンダリングとはガンマ値の補正をなくした状態でのレンダリングになります。