読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

Unityの公式マニュアルを読んでいく - その14

この記事ではUnityのマニュアルを1から読んだ感想とか発見を書いてみようと思います。

docs.unity3d.com

読んだ所

今回は以下のページを読みました。

Unity - マニュアル: Terrain Engine
Unity - マニュアル: 高さツール
Unity - マニュアル: テクスチャ
Unity - マニュアル: 木

学んだこと

凹凸のあるフィールドの作り方

Create → 3D Object → Terrainで作る事ができます。

f:id:llcc:20160327231149p:plain

以下のように平らなフィールドに凹凸を付ける事ができます。

f:id:llcc:20160327231224p:plain

インスペクターでRaise/Lower Heightを選んだ状態でマウスを動かすとフィールドを高くする事ができます。
Shiftを押しながらマウスを動かせばフィールドを低くする事ができます。

f:id:llcc:20160327231431p:plain

フィールドの表面にテクスチャを適用する

まずはAdvanced Terrain ShadersというAssetをインストールします。

f:id:llcc:20160327232227p:plain

InspectorのPaint Textureを選択した状態でEdit Texturesを押下するとテクスチャを選択できます。

f:id:llcc:20160327231714p:plain

その中でGroundというTextureを選択します。

f:id:llcc:20160327232300p:plain

最後にAddボタンを押下するとフィールドに反映されます。

f:id:llcc:20160327232407p:plain

複数のテクスチャを使いたい場合は複数のTextureを登録して選択したテクスチャでマウスを動かせば反映されます。

f:id:llcc:20160327232458p:plain

フィールドに木を生やす

Treeボタンを選択してAdd Treeを選択します。

f:id:llcc:20160328000247p:plain

次に先ほどimportした木のどれかを選択します。

f:id:llcc:20160328000326p:plain

その後に画面上でマウスを動かせば木が生えてきます。

f:id:llcc:20160328000353p:plain