読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

SDWebImageをSwiftで使ってみる

SDWebImageという画像表示の定番ライブラリをSwiftで使ってみました。

github.com

インストール

いつものようにCocoaPodsを利用します。

pod 'SDWebImage'

Objective-cのライブラリなのでBrigdeファイルでimportします。

#import <SDWebImage/UIImageView+WebCache.h>

使い方

sd_setImageWithURLメソッドを呼べばURLの画像を取得してUIImageViewにセットしてくれます。

let imageView = UIImageView(frame: CGRect(x: 50, y: 50, width: 100, height: 100))
view.addSubview(imageView)
imageView.sd_setImageWithURL(NSURL(string: "https://pbs.twimg.com/profile_images/611105792876412929/KTk7ebNn_bigger.png")!)

読み込み完了時のメソッドに呼ばれるコールバックを渡す事もできます。

let imageView = UIImageView(frame: CGRect(x: 50, y: 50, width: 100, height: 100))
view.addSubview(imageView)
imageView.sd_setImageWithURL(NSURL(string: "https://pbs.twimg.com/profile_images/611105792876412929/KTk7ebNn_bigger.png")!, completed: { image, error, cacheType, imageURL in
})

他にも読込中のplaceholderImageを指定できたりと様々な機能が付いているようです。