読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

ReplayKitを使ってアプリの動きを簡単に録画する

ReplayKitとはiOS9から登場したライブラリで、画面の録画を行う事ができます。
これを使えばゲームのプレイ動画の作成などが簡単に行なえます。

録画開始

録画はstartRecordingWithMicrophoneEnabledを呼び出すだけで開始します。
最初だけユーザーに録画していいかのポップアップが表示されます。

import ReplayKit

RPScreenRecorder.sharedRecorder().startRecordingWithMicrophoneEnabled(false, handler: { error in
})

録画終了

録画終了はstopRecordingWithHandlerメソッドを使います。
stopRecordingWithHandlerのブロックの引数にはRPPreviewViewControllerが渡されるので、それをpresentViewControllerすれば動画操作画面に移動できます。

そしてユーザーはそこから動画をダウンロードしたりクラウドサービスへ保存をする事ができます。

RPScreenRecorder.sharedRecorder().stopRecordingWithHandler { viewController, error in
    self.presentViewController(viewController!, animated: true, completion: nil)
}

f:id:llcc:20160301235203p:plain