読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

Unity Adsの動画広告を実装する

まずは "Window" → "Services" でServicesパネルを表示します。
そしてその中のAdsをOnにします。

f:id:llcc:20160321151610p:plain

広告表示のScriptは以下の通りです。
"動画を見る"ボタンを押下すると動画が流れます。
Advertisement.Initializeに入れるGAME_IDはUnity Adsの管理画面から取得して下さい。

Unity Ads Admin

HandleShowResultは広告を閉じた時に呼ばれるのでリワード広告の場合はここでインセンティブを付与します。

#pragma strict
import UnityEngine.Advertisements; // Import the Unity Ads namespace.

function Start() {
    if (Advertisement.isSupported) { // If runtime platform is supported...
        Advertisement.Initialize("GAME_ID", false); // ...initialize.
    }

    while (!Advertisement.isInitialized || !Advertisement.IsReady()) {
        yield WaitForSeconds(0.5);
    }
}

function OnGUI() {
    if (GUI.Button(Rect(10, 10, 100, 50), "動画を見る")) {
    if (Advertisement.IsReady("rewardedVideo")) {
            var options = new ShowOptions();
            options.resultCallback = HandleShowResult;
            Advertisement.Show("rewardedVideo", options);
        }
    }
}

function HandleShowResult(result: ShowResult) {
    switch (result) {
        case ShowResult.Finished:
            break;
        case ShowResult.Skipped:
            break;
        case ShowResult.Failed:
            break;
    }
}

動画広告はUnityのIDE上で動かしてもサンプル広告が表示されるだけなので動画の確認は実機で行う必要があります。