読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

Unityの公式マニュアルを読んでいく - その11

この記事ではUnityのマニュアルを1から読んだ感想とか発見を書いてみようと思います。

docs.unity3d.com

読んだ所

今回は以下のページを読みました。

Unity - マニュアル: マテリアルとシェーダーとテクスチャ
Unity - マニュアル: マテリアルの作成と使用
Unity - マニュアル: スタンダードシェーダー
Unity - マニュアル: コンテンツとコンテキスト
Unity - マニュアル: マテリアルパラメータ
Unity - マニュアル: Rendering Mode
Unity - マニュアル: Albedo カラーと Transparency(透明度)

学んだこと

シェーダーとは

モデルの表面の表示方法を記述したスクリプトファイルです。
試しにAssetStoreから適当なものを落としたら以下のようになっていました。
見たところPropertiesの中で色々な値をセットしているようです。

拡張子は.shaderになります。

//Hard Surface Shader Package, Written for the Unity engine by Bruno Rime: http://www.behance.net/brunorime brunorime@gmail.com
Shader "HardSurface/Hardsurface Free/Cut Out/Opaque Diffuse"{

Properties {
    _Color ("Main Color", Color) = (1,1,1,1)
    _SpecColor ("Specular Color", Color) = (1, 1, 1, 1)
    _Shininess ("Shininess", Range (0.01, 3)) = 1.5
    _Gloss("Gloss", Range (0.00, 1)) = .5
    _Reflection("Reflection", Range (0.00, 1)) = 0.5
    _Cube ("Reflection Cubemap", Cube) = "Black" { TexGen CubeReflect }
    _FrezPow("Fresnel Reflection",Range(0,2)) = .25
    _FrezFalloff("Fresnal/EdgeAlpha Falloff",Range(0,10)) = 4
    _Metalics("Metalics",Range(0,1)) = .5
    _Cutoff ("Alpha cutoff", Range(0,1)) = 0.5
    
    _MainTex ("Diffuse(RGB) Alpha(A)",2D) = "White" {}

    
}

    SubShader {
        

        // Front Faces
        Tags {"Queue"="AlphaTest" "IgnoreProjector"="True" "RenderType"="TransparentCutout"}
        UsePass "Hidden/Hardsurface Pro Front Cut Out Opaque Diffuse/FORWARD"
        
    } 
    FallBack "Transparent/Cutout/VertexLit"
}