読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

Unityの公式マニュアルを読んでいく - その8

この記事ではUnityのマニュアルを1から読んだ感想とか発見を書いてみようと思います。

docs.unity3d.com

読んだ所

今回は以下のページを読みました。

Unity - マニュアル: ネットワークグループ
Unity - マニュアル: ネットワークビュー
Unity - マニュアル: グラフィックス
Unity - マニュアル: グラフィックスの概要
Unity - マニュアル: ライティング
Unity - マニュアル: ライティング概要
Unity - マニュアル: ライトの使用
Unity - マニュアル: クッキー
Unity - マニュアル: シャドウ
Unity - マニュアル: ディレクショナルライトのシャドウ
Unity - マニュアル: Light のトラブルシューティングとパフォーマンス
Unity - マニュアル: グローバルイルミネーション
Unity - マニュアル: ライティングウィンドウ
Unity - マニュアル: ライトプローブ

学んだこと

ライトの種類

Unityのライトは何個か種類があります。 放射状に光が広がるSpot、水平に光が移動するDirectional、球状に光が広がるPoint、長方形から光が放射されるAreaの4種類があります。
これらはライトのInspectorで変更する事ができます。

f:id:llcc:20160124193444p:plain

クッキーを使った光の加工

Unityではクッキーと言う機能を使うと光に影を付ける事ができます。
これを使うと影で人がいるように見せたりジャングルのようなフィールドを作る事ができます。

グローバルイルミネーション

グローバルイルミネーションという機能を使えば、光だけでなく光の反射も表現する事ができます。
これによってよりリアルな表現をする事ができます。
これは非常に重い表現の為、動かない静的なオブジェクトにのみ適用できます。