読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

やばいと噂のAdobe Creative SDK for iosを使ってみる

12月に話題になっていたAdobe Creative SDK for iosを試してみました。
記事の内容に従ってインストールして動かしてみます。

Adobe Creative SDK for ios が本当にやばい - Qiita

インストール

CocoaPods対応していないので直接プロジェクトにフレームワークを入れる必要があります。
手順は少し多いです。

下URLからSDKをダウンロードします。

Adobe Creative SDK

その中にある2つの.frameworkをプロジェクトに追加します。

  • AdobeCreativeSDKCore.framework
  • AdobeCreativeSDKImage.framework

それぞれの.framework内のResourcesフォルダに入っている.bundleファイルもプロジェクトに追加します。

  • AdobeCreativeSDKCoreResources.bundle
  • AdobeCreativeSDKImageResources.bundle

次はBuild SettingsOther Linker Flagsに-ObjCを追加します。

f:id:llcc:20151229222859p:plain

最後に以下ライブラリを追加します。

  • libc++.tbd
  • libz.tbd
  • libz.1.2.5.tbd
  • libsqlite3.0.tbd
  • MobileCoreServices.framework
  • SystemConfiguration.framework
  • Accelerate.framework
  • CoreData.framework
  • MessageUI.framework
  • OpenGLES.framework
  • QuartzCore.framework
  • StoreKit.framework

実際に動かしてみる

AdobeCreativeSDKはObjective-cなのでまずはBridge Headerに下のimport文を追加します。

#import <AdobeCreativeSDKCore/AdobeCreativeSDKCore.h>
#import <AdobeCreativeSDKImage/AdobeCreativeSDKImage.h>

AppDelegateのdidFinishLaunchingWithOptionsに初期化処理を追加します。
CLIENT_IDとCLIENT_SECRETは下URLから取得して下さい。(会員登録が必要です)

Adobe Creative SDK

func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool {
    
    AdobeUXAuthManager.sharedManager().setAuthenticationParametersWithClientID(
        "CLIENT_ID", clientSecret: "CLIENT_SECRET", enableSignUp: true)
    
    return true
}

プロジェクトに適当な画像を追加します。

f:id:llcc:20151229224250p:plain

最後にViewControllerを以下のようにすれば完成です。

class ViewController: UIViewController {
    override func viewDidAppear(animated: Bool) {
        let c = AdobeUXImageEditorViewController(image: UIImage(named: "Sample")!)
        c.delegate = self
        presentViewController(c, animated: true, completion: nil)
    }
}

extension ViewController: AdobeUXImageEditorViewControllerDelegate {
    func photoEditor(editor: AdobeUXImageEditorViewController, finishedWithImage image: UIImage?) {
    }
    
    func photoEditorCanceled(editor: AdobeUXImageEditorViewController) {
    }
}

成果物

これだけで以下のように画像編集画面が立ち上がってくれます。

f:id:llcc:20151229224658p:plain

画像の色を変える事も簡単にできました。

f:id:llcc:20151229224731p:plain