読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

Swift再入門23 − The Swift Programming Languageを読んでみる

Swift入門 Swift

この記事では「The Swift Programming Language」を1から読んだ感想とか発見を書いてみようと思います。
「The Swift Programming Language」とはSwiftの公式ドキュメントでiBooksや下ページで見る事ができます。

The Swift Programming Language (Swift 2.1): About Swift

読んだ所

今回はProtocolsという項目を読みました。

The Swift Programming Language (Swift 2.1): Protocols

学んだこと

protocolでのプロパティーの宣言

protocolではcomputed propertyの宣言ができます。

protocol Protocol {
    var value: String { get }
}

プロトコルでsetがなくても、クラスではsetを使う事ができます。

protocol Protocol {
    var value: String { get }
}
class Class: Protocol {
    var value: String { get { return "" } set {} }
}

プロトコルでsetがあってクラスでない場合はエラーになります。

protocol Protocol {
    var value: String { get set }
}
class Class: Protocol {
    var value: String { get { return "" } }
}

classを継承

プロトコルはclassを継承する事ができます。
classを継承した場合、structやenumで使えなくなります。

protocol Protocol: class {
    var value: String { get }
}

Protocol Composition

protocol<Protocol1, Protocol2>という型で宣言すると、Protocol1とProtocol2を満たした物以外は代入できません。

protocol Protocol1 {
    var value: String { get }
}
protocol Protocol2 {
    var value: String { get }
}
class Class: Protocol1, Protocol2 {
    var value: String { get { return "" } set {} }
}

let value: protocol<Protocol1, Protocol2> = Class()

optionalなメソッド

@objcキーワードを付ける事でoptionalなメソッドを宣言できます。

@objc protocol Protocol {
    optional func method()
}
class Class: Protocol {
    @objc func method() {}
}

optionalと同等の事は、extensionでメソッドを実装することで実現できます。

protocol Protocol {
    func method()
}
extension Protocol {
    func method() {}
}
class Class: Protocol {
}