読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

SpriteKitに標準搭載されているParticleを調べてみた

SpriteKitで用意されているParticleを調べてみました。
ParticleはNew FileSpriteKit Particle Fileから作る事ができます。

f:id:llcc:20151018143453p:plain

テンプレートとして用意されているのは下の8個です。

f:id:llcc:20151018143504p:plain

一つ一つ試してみます。

Particleの追加

作成したParticleは下のように追加します。

if let node = SKEmitterNode(fileNamed: "MyParticle") {
    node.position = CGPoint(x:CGRectGetMidX(self.frame), y:CGRectGetMidY(self.frame))
    addChild(node)
}

Bokeh

Bokehとは写真撮影の時などに生じるボケの事です。
実際に動かした所、煙のようなアニメーションになりました。

f:id:llcc:20151018144201g:plain

Fire

炎が画面上に表示されました。

f:id:llcc:20151018144336g:plain

Firefiles

Firefilesはほたるの事です。
画面に黄色い光が表示されました。

f:id:llcc:20151018144553g:plain

Magic

画面に緑の光が広がりました。

f:id:llcc:20151018144659g:plain

Rain

雨のアニメーションです。
設置した箇所から雨が降ってきました。

f:id:llcc:20151018144746g:plain

Smoke

黒煙のアニメーションです。
Fireと相性が良さそうです。

f:id:llcc:20151018144846g:plain

Snow

雪のアニメーションです。

f:id:llcc:20151018145014g:plain

Spark

火花のアニメーションです。

f:id:llcc:20151018145101g:plain