しめ鯖日記

swift, iPhoneアプリ開発, ruby on rails等のTipsや入門記事書いてます

その他

カイ二乗検定とは何かを調べてみる

統計について調べていたら「カイ二乗検定」という単語が出てきたので調査。 カイ二乗検定とは カイ二乗検定 - Wikipedia 帰無仮説が正しければ検定統計量が漸近的にカイ二乗分布に従うような統計学的検定法の総称である。次のようなものを含む。 Wikipediaに…

フォルダ以下の全プロジェクトでgit pullする

下のように、フォルダ以下に複数プロジェクトがありそれらでgit pullしたい時のtipsです。 コマンドは下の通りです。 ls | xargs -I{} git -C {} pull origin master xargs -I{}でlsの結果を{}と書いた箇所で使えます。 git -Cはフォルダ指定でgitコマンドを…

Processingで電子アート入門

Processingという電子アート用の開発環境を試してみました。 Processing.org インストール 下からアプリをダウンロードします。 Download \ Processing.org 実装 円を描画 Processingを起動すると以下のような画面になっています。 ここにコードを書いていき…

シンプルなRESTClient、insomniaを試してみる

insomniaというRESTClientを試してみました。 insomnia.rest アプリはこちらのページからダウンロードしました。 insomnia.rest 起動後画面は下のようなものです。 このようにURL指定でリクエストを送る事ができます。 ベーシック認証・ヘッダー・パラメータ…

agvtoolでコマンドラインからビルドバージョンを操作する

agvtoolでXcodeプロジェクトのビルド番号やアプリバージョンを操作してみようと思います。 what-versionオプションでビルド番号を取得できます。 agvtool what-version next-versionコマンドでビルド番号をインクリメントできます。 agvtool next-version -a…

Sketchでロングシャドウを付けてみる

Sketchでオブジェクトにロングシャドウを付ける方法です。 まずは影を付ける対象の他に1つ四角のオブジェクトを作ります。 Rotate機能を使って片方の角度を45度にします。 その後は幅と長さを調整して影のようにします。 片方だけ長さが足りない時などはEdit…

Sketch Toolboxでプラグインを簡単管理

Sketchのプラグインを簡単に管理できるSketch Toolboxというアプリを使ってみました。 インストールは以下より行えます。 Sketch Toolbox - A super simple plugin manager for Sketch 起動したら以下の画面になります。 ここでプラグインの検索/インストー…

pythonのパッケージ管理システム、pipを試してみた

pipというpythonのパッケージ管理システムを試してみました。 pip listコマンドで今入れているパッケージ一覧が見れます。 pip list インストール可能なパッケージはsearchコマンドで見る事ができます。 pip search tensor インストール可能なパッケージはpy…

コールバックはどんな時に使うべきか考えてみた

最近コールバックで少し難解なコードに遭遇したのでそのことを書いてみます。 遭遇したのは下のようなコードです。 execを呼び出すと計算されて、その結果をexecutedに渡すというもの。 class Calculator { var executed: (Int -> Void)? func exec() { // …

国の入札情報を取得APIがあったので試してみた

APIについて調べていたら国・独立行政法人、地方公共団体等の入札情報を取得APIを発見したので触ってみました。 www.kkj.go.jp ドキュメントは以下URLです。 http://www.kkj.go.jp/doc/ja/api_guide.pdf 入札情報を取得する http://www.kkj.go.jp/api/にパラ…

Octopressでブログを作ってみる

OctopressというRuby版のWordpressのようなものを試してみました。 マークダウンのサポート、DBを使わないのでGitで全てバージョン管理できるいうメリットがあります。 Octopress Documentation - Octopress セットアップ セットアップは以下の通りです。 gi…

HubotでSlack用のBotを作る

まずは必要なツールをインストールします。 brew install npm npm install -g hubot coffee-script yo generator-hubot 次に以下コマンドでプロジェクトを作成します。 質問は全てデフォルトを選択(Enter押下)しました。 mkdir -p test_bot cd test_bot yo h…

Fluxアーキテクチャについて調べてみた

Fluxアーキテクチャについて調べてみました。 Fluxアーキテクチャとは Githubの画像にあるようなアーキテクチャの事を指します。 長所としては、データの流れを1方向にする事で複雑さをなくしているところです。 github.com それぞれの概念について記述して…

青空文庫のソースコードを読んでみる

著作権切れの本を読める青空文庫ですが、実はサイトのコード及び本のデータはGithubに上がっています。 github.com index.htmlがサイトTOPのソースコードになります。 書籍のデータはcards以下のfilesフォルダの中に入っているようです。

Heroku+Hubot+Slackで「ERROR Not enough parameters provided. I need a token, rooms and account」エラーが出る時の対処法

Procfileのコマンドが間違ってる可能性があります。 Procfileファイルのコマンドをbin/hubot -a campfireからbin/hubot -a slackに直してください。

GoogleAnalyticsのユーザーエクスプローラーを見てみる

最近出たばかりのユーザーエクスプローラーというGoogleAnalyticsの機能を使ってみました。 PCサイト WEBサイトのユーザーエクスプローラーにはこのようにユーザー毎のセッション数や直帰率を見る事ができます。 個別のページに行くと、このユーザーがどうい…

Pub/Subとは何かを調べてみた

Pub/Subとは何かを調べてみました。 Pub/Subとは 非同期メッセージングパラダイムの一種であり、メッセージの送信者(出版側)が特定の受信者(購読側)を想定せずにメッセージを送るようプログラムされたものである。 Wikipediaによると上記の通りです。 Pu…

A/Bテストがうまくいくコツを調べていく

最近はA/Bテストを実施しているのですがなかなか成果が出てくれないのでコツや手法を調べてみました。 A/Aテストという手法 A/Aテストと言って、両方共同じ表示でA/Bテストをする方法があります。 これはA/Bテスト自体が正しく動いているかのチェックに使う…

GoogleAnalyticsでユーザーがどの程度 再訪問するかを調べる

「リピートの回数や間隔」という機能を使うと再訪問しているユーザーの割合を見る事ができます。 メニューとしては"ユーザー" → "行動" → "リピートの回数や間隔"になります。 左上メニューの"セッションの間隔"を選ぶとどのくらいの頻度でさい訪問している…

GoogleAnalyticsでどのページから来たかで絞り込む

GoogleAnalyticsでは/hogeと言った特定パスへのアクセス数を取得する事ができます。 更に一歩進んで/fugaから/hogeに来たユーザーの取得法を書いていきます。 行動のサマリーを選択します。 画面右下の"レポート全体を見る"を選びます。 以下のように一覧が…

囲碁TOPプロに勝利したAlphaGoのアルゴリズムを調べてみる

本日Googleの作った囲碁プログラムであるAlphaGoが囲碁のTOPプロであるイ・セドル氏に勝利しました。 5番勝負なのでまだまだこれからですがついにコンピュータがプロに勝つ時代になったかと思うと感慨深いです。 japanese.engadget.com 今日はそのAlphaGoの…

Ruby on RailsライクなSwiftフレームワーク、Swiftonを試してみる

SwiftonというSwiftのWebフレームワークを試してみました。 なんでもRuby on Railsを参考に作られたとかでかなり期待できそうです。 github.com サンプルを動かす こちらからサンプルプロジェクトをcloneします。 GitHub - necolt/Swifton-TodoApp: TodoApp …

KituraというSwiftのWebフレームワークを使ってみる

KituraというWebフレームワークでSwiftを動かしてみようと思います。 このフレームワークはIBMが作っているようで、同社のクラウドサービスであるBluemixというPaasの上で動かす事ができます。 github.com サンプルを動かしてみる 下コマンドで関連ソフトを…

Google Analyticsでどのページで離脱したかを調べる

行動 → 離脱ページから見る事ができます。 PV・離脱率などを見る事ができます。 各パラメータでソートもする事ができます。 ただし離脱率が低い順や高い順で並べると1PVしかないページが上に来てしまいます。 そういった時はアドバンスフィルタでPVに関する…

Itamaeで自宅と会社のMacに同じbrewのアプリをインストールする

最近はItamaeを使って自宅と会社に同じ環境を構築する試みをしています。 その一環としてbrewのアプリをItamaeでインストールしてみました。 GitHub - shimesaba9/env [ 'argon/mas/mas', # コマンドラインでAppstoreからインストールするツール 'wget', ].e…

Swift Package Managerのアプリを作る時はswift build --initが便利そう

今日知ったのですがSwift Package Managerのプロジェクトを作る時はswift build --initコマンドで初期化すると良さそうです。 コマンドを打つと以下のファイルやフォルダを作ってくれます。 Package.swift .gitignore Sources/ Sources/main.swift Tests/ .g…

Vaporを使ってSwiftサーバーを立ててみる

こちらの記事を参考にSwiftサーバーを作ってみました。 qiita.com 準備 Swift Package Managerを使えるようにします。 こちらのページのLatest Development Snapshotsをインストール後、/Library/Developer/Toolchains/swift-latest.xctoolchain/usr/bin/へ…

AjaxZip3を使って郵便番号から住所を取得する

AjaxZip3というJSライブラリを使って郵便番号から住所を取得してみようと思います。 こちらのライブラリはyubinbangoと同じ作者の方が作っているようです。 Githubではyubinbangoの方が新しくて推奨されていました。 郵便番号を入れると住所を取得するJSライ…

Google Tag AssistantでGoogle Analyticsのデバッグをする

Google Analyticsは「本当にサーバーに送られているのか分かりにくい」「送られているとしても即時反映されないので確認に時間がかかる」という問題があります。 そこでGoogleAnalyticsが動いているか確認できるGoogle Tag Assistantという拡張機能を試して…

郵便番号を入れると住所を取得するJSライブラリ、yubinbangoを使ってみる

yubinbangoというJSライブラリを使ってみました。 使い方は下の通りです、命名ルールに沿ってクラス名をつければ郵便番号を補完してくれるようになります。 <html> <head> <script src="https://yubinbango.github.io/yubinbango/yubinbango.js" charset="UTF-8"></script> </head> <body> <form class="h-adr"> <span class="p-country-name" style="display:none;">Japan</span> </form></body></html>